2001年以降 IBF ヘビー級世界戦日程&結果
日付の新しい順に並べました。


 2002年06月08日   米国/テネシー州メンフィス
WBC/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
王者レノックス・ルイス(39-2-1/英国)VS.挑戦者マイク・タイソン(49-3/米国)


 2001年11月17日   米国/ラスベガスマンダレイ・ベイ・カジノ
WBC/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
WBC/IBF王者ハシム・ラクマン(35-2/米国)VS.前王者レノックス・ルイス(38-2-1/英国)
Hasim Rahman VS. Lennox Lewis
【試合結果】ルイスKO4ラクマンルイスは新王者(通算3度目のタイトル獲得)
ラクマンVSルイスのリマッチは、前回敗れた前王者ルイスが、4Rに王者ラクマンをKO。タイトル奪回に成功した。 ラクマンはWBC/IBFタイトルの初防衛に失敗。 ルイスは、初回から左ジャブを多用。ラクマンも左ジャブで対抗。お互いの顔面を弾き合う。 2Rもルイスはラクマンのパンチを警戒しながらも、積極的にジャブをつく。 ラクマンは、ルイスの左ジャブが邪魔でペースを握れない。 3Rも同様にルイスがリズムを掴む。右ストレートも軽くヒットさせ、タイミングが合ってきたことを感じさせた。 4R、ルイスが左フックでラクマンをたじろがせ、直後に放った右ロングフックがラクマンのアゴにジャストミート。 ラクマンはたまらずダウン。天を仰いだラクマンは立ち上がろうとしたが、足がもつれ再び倒れかかる 間にカウトアウトされた。 見事なKO勝利でタイトル奪回に成功したルイスの戦績は、39-2-1。 敗れたラクマンは、35-3。


 2001年04月04日   南アフリカ/ヨハネスブルク
WBC/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
WBC/IBF王者レノックス・ルイス(英国)VS.IBF同級4位ハシム・ラクマン(米国)
【試合結果】ラクマンTKO5ルイスラクマンは新王者
賭け率20−1で不利とされた挑戦者ラクマンが、王者ルイスを5R、右ストレートでストップ!IBF/WBCのタイトル獲得に成功。 ルイスは、WBCタイトル10度目、IBFタイトル4度目の防衛に失敗。 『試合内容』 1R、王者ルイスは、ジャブでラクマンに揺さぶりをかける。挑戦者ラクマンはひるまず、こちらもジャブで応戦。 ルイスの長いジャブが有効だった。 しかし、この日のルイスは、ガードをいつも以上に下げた状態で、フットワークも鈍く、動きに精彩を欠く。 時折、力強いジャブ、右ストレート、アッパーでラクマンを脅かすも、単発で、クリーンヒットは乏しい。 ラクマンは、ルイスのパンチを浴びてもひるまず、機を見て勇敢にワンツーを返す。 4R、ラクマンは距離を詰め、ルイスの顔面に右ストレートを軽くヒット。ルイスはガードが低く、ラクマンのパンチを 大して気にしていないかのようだった。 5R、ルイスはジャブでラクマンを追いたてるが、動きが鈍くつめきれない。 一休みしたところ、今度はラクマンがジャブでルイスをロープ際に追いこむ。ルイスがロープ際で体を入れ替えよう とした所、ラクマンは右ストレートをルイスのあごに直撃! ルイスはリングに大の字にダウン。 ルイスは何とか立ち上がろうとしたが、レフリーは試合をストップした。 新王者ラクマンの戦績は、35-2(29KO)。 敗れたルイスの戦績は、38-2-1 (29 Kos)。