2001年以降 IBF スーパーバンタム級世界戦日程&結果
日付の新しい順に並べました。


 2002年06月08日   米国/テネシー州メンフィス
IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ
王者マニー・パッキャオ(33-2-1/比)VS.挑戦者ホルヘ・エリエセール・フリオ(44-3/コロンビア)


 2001年11月10日   米国/サンフランシスコ
IBF/WBO世界S・バンタム級タイトルマッチ
IBF王者マニー・パッキャオ(33-2/フィリピン)VS.WBO王者アガピト・サンチェス(33-7-1/ドミニカ)
Manny Pacquiao VS. Agapito Sanchez
【試合結果】負傷引き分け6R
【公式採点】58-54 (パッキャオ), 57-55 (サンチェス), 56-56(引き分け)
IBF王者パッキャオとWBO王者サンチェスとの統一戦は、6R両者バッティングによる負傷判定になり、 三者三様の引き分けで統一王者誕生はならなかった。 パッキャオは、2Rにバッティングで右目から流血。 一方のサンチェスは、3R、4Rローブローなどによる反則で減点されるといった荒れた内容となった。 パッキャオはIBFタイトル初防衛に成功。 サンチェスはWBOタイトル初防衛に成功。


 2001年06月23日   米国/ネバダ州
IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ
王者リーロ・レジャバ(南ア)VS.挑戦者WBC同級3位マニー・パッキャオ(フィリピン)
【試合結果】パッキャオTKO6レジャバパッキャオは2階級制覇
挑戦者元WBCフライ級王者、IBF/S・バンタム級3位フィリピン人のパッキャオが、 王者南アフリカ人のレジャバから3度のダウンを奪う快勝でタイトル奪取に成功。 パッキャオは2階級制覇に成功した。王者レジャバは6度目のタイトル防衛に失敗。 『試合内容』 挑戦者パッキャオは試合開始から、積極的にサウスポースタイルからのジャブ、左ストレートを放つ。 その左ストレートは非常に強烈で、真っ直ぐ伸びるすばらしいものだった。 レジャバは、ゆっくりとした立ち上がりだったが、パッキャオのハイテンポなストレート攻撃に 後手に回ってしまう。ラウンド終盤、立て続けにパッキャオの左ストレートをもらった レジャバは、早くもダメージを受けてしまった。 2Rもパキャオは、左ストレートを顔面ボディに、思い切りよくレジャバに打ち込み、左ストレートでレジャバから ダウンを奪う。 立ち上がったレジャバだが、ダメージはありあり。パッキャオはますます、調子に乗り、左ストレートを放ちつづける。 3R、4R、パッキャオの攻勢をしのぎつづけていたレジャバだったが、ペースは変わらない。 5R、気合十分のパッキャオの攻勢は、一向に衰えない。レジャバは、ジャブとフットワークでペースを 変えようとするが、鼻血も出て苦しい展開。 迎えた6R、パッキャオの左ストレートが真っ直ぐ、レジャバの顔面を打ち抜くとレジャバは、2度目のダウン。 レジャバはダメージを抱えながら立ち上がったものの、またも左ストレートを浴びダウン。レフリーは今度は ノーカウントで試合をストップした。 新王者パッキャオは戦績を、32-2(23KO)に伸ばした。 敗れたレジャバは、33-2-1(22KO)。


 2001年04月04日   南アフリカ/ヨハネスブルク
IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ
王者リーロ・レジャバ(南ア)VS.同級15位カルロス・コントレラス(メキシコ)
【試合結果】レジャバW12(3-0)コントレラス
【公式採点】118-112, 117-112, 118-110
王者レジャバは、タフなメキシコ人挑戦者コントレラスを12R3−0の判定に下し、5度目の防衛に成功。 『試合内容』 王者レジャバは、正確なコンビネーションで、主導権を支配。 タフな挑戦者コントレラスも、しぶとく反撃しレジャバにパンチを浴びせ苦しめる。 しかし、パンチの正確さ、パンチ力といった有効打でレジャバは上回り、ポイントを獲得していった。 終盤、レジャバは力を込めたパンチで、コントレラスをぐらつかせKOを狙うも、 コントレラスはしぶとく粘り、勝負は判定に持ち込まれた。 レジャバの戦績は、32-1-1 (21KO) 。


 2001年02月17日   南アフリカ/
IBF世界S・バンタム級タイトルマッチ
王者リーロ・レジャバ(南ア)VS.挑戦者アーネル・バロティロ()
【試合結果】レジャバTKO9バロティロ
王者リーロ・レジャバは、挑戦者バロティロを8Rでストップ。タイトル3度目の防衛に成功。 1R、挑戦者フィリピン人のバロティロは思い切った攻勢をかける。 しかし2R、レジャバは、得意の左ジャブを中心としたコンビネーションでペースをあっさりと奪う。 迎えた9R、レジャバはダウンを奪い、立ち上がったバロティロに追い討ちをかけるとレフリーは試合をストップした。 王者レジャバは戦績を、31-1-1 (21KO)に伸ばした。