2001年以降 IBF ウェルター級世界戦日程&結果
日付の新しい順に並べました。


 2002年04月13日   イタリア/
IBF世界ウェルター級王座決定戦
ミケーレ・ピッチリーロ(36-1/イタリア)VS.コリー・スピンクス(29-1/米国)
Michele Piccirillo VS. Cory Spinks
【試合結果】ピッチリーロW12スピンクスピッチリーロは初のタイトル獲得


 2001年05月12日   米国/ニューヨーク
IBF世界ウェルター級王座決定戦
バーノン・フォレスト(米国)VS.ラウル・フランク(米国)
【試合結果】フォレストW12(3-0)フランクフォレストは新王者
【公式採点】115-110 ,115-110 ,120-108(すべてフォレストを支持)
この試合はジョッピー×トリニダードのアンダーカードとして行われた。 同級2位フォレストが3−0の判定で同級1位フランクに勝利。 空位のIBF世界ウェルター級タイトルの獲得に成功した。 『試合内容』 長身のフォレストが左ジャブとそれに続く右オーバーハンドブローでフランクを突き放す。 フランクは最後まで距離を詰めきれなかった。 なおこの両者は、昨年8月も王座決定戦で 対戦したが、3R偶然のバッティングでフランクが出血。ノーコンテストとなっていた。米国オリンピック代表からプロ入り後、8年半かけてようやく初のタイトルを獲得した30才の フォレストは無敗の戦績を、32-0(25KO)に伸ばした。 敗れたフランクは、23-4-1(12KO)。