2001年以降 WBC バンタム級世界戦日程&結果
日付の新しい順に並べました。


 2002年01月11日   タイ/バンコク
WBC世界バンタム級タイトルマッチ
王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(34-1-1/タイ)VS.挑戦者セルヒオ・ペレス(23-10 (16KO)/メキシコ)
Veeraphol Nakhonluang VS. Sergio Perez
【試合結果】ウィラポンW12(3-0)ペレスウィラポンは8度目の防衛
【公式採点】120-108,118-111,118-110(すべてウィラポン)
王者ウィラポンは、サウスポーの挑戦者ペレスを相手に一方的な判定で勝利。タイトル8度目の防衛に成功した。 試合はウィラポンがプレッシャーをかけつづけ、ペレスは、後退を余儀なくされる一方的な内容だった。 ウィラポンは戦績を、35-1-1(25KO)に伸ばした。ペレスは、23-10(16 KO)。


 2001年09月01日   日本/日本横浜アリーナ
WBC世界バンタム級タイトルマッチ
王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(33-1-1(24KO)/タイ)VS.同級4位西岡利晃(22-3-1(13KO)/日本)
【試合結果】12R引き分けウィラポンは7度目の防衛
【公式採点】115-113 (西岡)、116-113 (ウィラポン)、114-114
王者ウィラポンは引き分けで7度目のタイトル防衛に成功した。 前半は挑戦者西岡のサウスポースタイルからのアウトボクシングが冴え渡り、ペースを握る。 中盤ウィラポンは、プレッシャーを強め、西岡のアウトボクシングを崩し、ポイントを奪い返す。 7R、西岡は左ストレートでウィラポンをぐらつかせ、連打を浴びせるがウィラポンはダウンを拒否。 その後、盛り返したウィラポンが何とか引き分けに持ち込んだ。 ウィラポンは戦績を、33-1-1, 24 KOにした。 西岡は、22-3-1(13 KO)。


 2001年05月14日   フランス/パリ
WBC世界バンタム級タイトルマッチ
王者ウィラポン・ナコンルアンプロモーション(タイ)VS.同級1位リカルド・バラハス(メキシコ)
【試合結果】ウィラポンKO3バラハスウィラポンは6度目の防衛
王者ウィラポンは指名挑戦者メキシカンのバラハスを相手にフランス・パリで防衛戦を行い、 鮮やかなKO勝利でタイトル6度目の防衛に成功。 『試合内容』 ウィラポンは3R、右強打をバラハスのあごにめりこませKO。 バラハスは、そのまま立ち上がることができず、治療のためドクターが駆けつけることとなった。 32歳の王者ウィラポンの戦績は、32−1。 敗れた22歳のバラハスは、22−2−1。