2001年以降 WBC フライ級世界戦日程&結果
日付の新しい順に並べました。


 2002年04月19日   タイ/
WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者ポンサクレック・ウォンホンカム(タイ)VS.挑戦者内藤大助(日本)
【試合結果】ポンサクレックKO1内藤


 2001年12月06日   タイ/パッタヤ
WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者ポンサクレック・シンワンチャー(42-2(25KO)/タイ)VS.挑戦者ルイス・ラサルテ(19-4-1/亜)
Pongsaklek Sitkanongsak VS. Luis Lazarte
【試合結果】ポンサクレックTKO2ラサルテポンサクレックは3度目の防衛
王者ポンサクレックが、わずか2Rで挑戦者アルゼンチンのラサルテをストップ。タイトル3度目の防衛に成功した。 試合は、初回からポンサクレックがプレッシャーをかけ、主導権を支配。 2R、ポンサクレックは左ショートで、ラサルテから豪快にダウンを奪うと、コーナーからタオルが投げ込まれ 試合はストップされた。 ポンサクレックは戦績を、43-2, 25 KOに伸ばした。 敗れたラサルテは、19-6-1, 7 KO。


 2001年10月26日   タイ/ハジャイ
WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者ポンサクレック・シンワンチャー(42-2(25KO)/タイ)VS.挑戦者アレックス・ババ(18-2/ガーナ)
Pongsaklek Sitkanongsak VS. Alex Baba
【試合結果】ポンサクレック負傷判定8Rババポンサクレックは2度目の防衛
【公式採点】79-71, 79-72, 79-72(すべてポンサクレックを支持)
王者ポンサクレックは、8R負傷判定(3−0)で挑戦者ババに勝利。タイトル2度目の防衛に成功。 試合は偶然のバッティングでポンサクレックが試合続行不可能となった。


 2001年07月15日   日本/愛知
WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者ポンサクレック・シンワンチャー(タイ)VS.同級3位浅井勇登(日本)
【試合結果】ポンサクレックTKO5浅井ポンサレックは初防衛


 2001年03月02日   タイ/
WBC世界フライ級タイトルマッチ
王者マルコム・ツニャカオ(フィリピン)VS.挑戦者ポンサレック・シスカノンサック(タイ)
【試合結果】ポンサレックTKO1ツニャカオ
無敗の挑戦者ポンサレックの猛攻の前に、王者ツニャカオは1R3度ダウン。2度目の防衛に失敗し、王座転落。 《試合内容》 1R開始早々、ポンサレックはサウスポーの王者ツニャカオに、右ストレートをヒットさせ、ダウンを奪う。 立ち上がったツニャカオだが、ポンサレックのコンビネーションを浴び、再びダウン。 ポンサレックは追い討ちをかけ、とうとう3度目のダウンを奪いストップ勝利した。 TKOタイムは1R2分43秒だった。 新王者ポンサレックは無敗の戦績を、41-0, (20 KO)に伸ばした。 敗れたツニャカオは、11-1-1, (8 KO)。これが初の敗北だった。