2001年以降 WBC ミドル級世界戦日程&結果
日付の新しい順に並べました。


 2001年09月29日   米国/ニューヨークマジソン・スクウェア・ガーデン
WBA/WBC/IBF世界ミドル級タイトルマッチ
WBA/WBC王者フェリックス・トリニダード(40-0/プエルトリコ)VS.IBF王者バーナード・ホプキンス(39-2-1/米国)
Felix Trinidad VS. Bernard Hopkins
【試合結果】ホプキンスTKO12トリニダードホプキンスはWBA王座獲得


 2001年04月14日   米国/ニューヨーク
WBC/IBF世界ミドル級タイトルマッチ
IBF王者バーナード・ホプキンス(米国)VS.WBC王者キース・ホームズ(米国)
【試合結果】ホプキンスW12(3-0)ホームズホプキンスはIBF王座13度目の防衛/WBC王座獲得
【公式採点】119-108, 118-109, 117-110 (すべてホプキンスを支持)
IBF王者ホプキンスが、WBC王者ホームズとの統一戦に3−0の判定で勝利。タイトル統一に成功。 ホプキンスは9/15、ジョッピー×トリニダード戦の勝者と3団体統一を賭けて対戦する予定。 『試合内容』 両者は試合の大半で密着した接近戦を展開。 ホプキンスは、コンビネーションでホームズを攻め立て、主導権を支配。 5Rホプキンスはロープローで減点のペナルティを受ける。 しかしその後もホプキンスは、攻撃の手を緩めず、ボディ・ブローを交えた コンビネーションでホームズを痛めつける。 劣勢となったホームズは、9R反撃するが、大した効果を上げることはなかった。 その後両者はレスリング行為で、キャンバスに倒れこむアクシデントもあり、 荒れた展開になり試合は判定に持ち込まれた。 2つ目のタイトルを獲得したホプキンスの戦績は、39-2-1,1 NC (28KO)。 敗れたホームズは、36-3 (24KO) 。