2001年以降 WBO ライト級世界戦日程&結果
日付の新しい順に並べました。


 2002年01月05日   ドイツ/マッデベルグ
WBO世界ライト級タイトルマッチ
王者アルツール・グレゴリアン(33-0/ウズベキスタン)VS.挑戦者レイムンド・マルチネス(36-5-1/メキシコ)
Artur Grigorian VS. Rocky Martinez
【試合結果】グレゴリアンTKO8マルチネスグレゴリアンは15度目の防衛
王者グレゴリアンは挑戦者マルチネスを8Rにストップし、15度目のタイトル防衛に成功した。 試合は33歳の王者グレゴリアンのボクシングスキルが挑戦者を明らかに上回った。グレゴリアンはマルチネスより、速く、パンチ力で上回る。マルチネスも積極的に前にでるが、ラウンドが進むにつれ、グレゴリアンの一方的なペースになる。迎えた8Rマルチネスのダメージを考慮したレフリーが試合をストップした。 グレゴリアンは無敗の戦績を、34-0に伸ばした。敗れたマルチネスは36-6-1。これまで世界戦はフィリップ・ホリデー、ランドール・ベイリーに挑戦しているがいずれも失敗していた。


 2001年02月24日   ドイツ/ハンブルグ
WBO世界ライト級タイトルマッチ
王者アルツール・グレゴリアン(ウズベキスタン)VS.挑戦者ホセ・アンヘル・ペレス()
【試合結果】グレゴリアンKO6ペレス
グレゴリアンは、挑戦者ペレスを圧倒し6RでKO。タイトル13度目の防衛に成功。 王者グレゴリアンは、無敗の戦績を、32-0 (21 KO)に伸ばした。 敗れたペレスは、15-2.